ネット麻雀で食う

ただのゲームって事は分かっている。ただ、誰よりも強くなりたい。
<< August 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
ネット麻雀
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
高レート麻雀
 麻雀友達から電話が鳴った。
昨夜に高レート卓を開くので呼ばれたんだが、こんな不景気に1,000点1万円だという・・・。
箱で60万円との事に、断った。今の俺にはそんな余裕はないからな。。

しかし、いつか打ちに行きたいな。
| 宇野ちー | 高レート | comments(0) | trackbacks(0) | - |
相手が強いから面白い
昨晩、また高レートに興じた。
相手はその高レートでの勝ち頭のSだ。ただ金を持って帰りたいなら、自分より強者と打つべきではない。マージャンはゼロサムゲームだから、相手の力が強ければ自分の勝つ可能性が低くなるからだ。ただ、最近の自分にはマージャンを打つ上で大切な集中力が欠けてきている気がした。金額が大きければ、また相手が自分より強者であれば緊張感が増していく。格下相手に気を抜いた打牌を繰り広げるなら、格上に負けながらも学ぶ方が長期的に見れば良いと思った。

半荘7回の勝負でSに順位で勝ったのは2回だけ・・・。
出費は20万円程・・・。大分痛い。

しかし、自分より強者と認められる相手がいれば自分の力もつく。
次は必ず勝つ。
| 宇野ちー | 高レート | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ブラフ
全ての局でアガリを拾うのは、まず無理。
先日の高レート麻雀での1局で、下記の打牌をした。場況は南場の3局目だったが、混戦での2着。アガリを拾える手牌ではなく、上家が自風を1打目に切った。何となく手つきも早く、勝負手に感じ揺さぶりたかった。配牌から死ぬ覚悟で清一色をブラフにしようと思い打つのが多い。いつもブラフで気をつけるのは、/討縫▲らせないこと(場次第だが)▲疋蕕僚蟶澆魍稜Г垢襪海鉢2鴫箸トップでないこと。

この3点が多い。
場を少ない点数差で廻す事が重要なので、オーラスに向けて自分がトップを取れなくなるのを防がなくてはならない。一番良いのが、この局でもそうだったが下家がラスで手がタンヤオ思考。ドラは一索だったので、清一色を装い下家のタンヤオを援護。下家も俺が勝負手に見えれば、手作りよりもアガリ優先だ。結果この局に上家の手が形になる前に下家がアガリ、ブラフ成功でオーラスを迎える。オーラスには2,000点縛りだったが、難なくタンヤオ、ドラドラであがりきりトップ奪取。自分の捨牌で他家に気を遣わせれば最高だ。


二萬二萬九萬八萬六萬六筒
| 宇野ちー | 高レート | comments(0) | trackbacks(0) | - |
種銭
大阪での高レート麻雀にこの10日以上参戦してきました。
寝床は最初、友達の家だったが夜につい飲んでしまうため2日目以降はカプセルホテル。通常、高レート麻雀で良く打つ常連にはサラリーマンもいるし自営業者も多いのだが、俺みたいに麻雀を主な収入源にしている者も今の時代にもいる。そんな雀ゴロの多くは、高レートで打ってどんなに勝ってもカプセルホテルやビジネスホテル等の安い所に寝泊りする様だ。勝っても種銭には手をつけたくないし、金が無いせいで麻雀やギャンブルが出来なくなるのを一番に恐れる。

これほどに種銭を残すのには努力するが、それと麻雀の戦績とはまた別。
大阪に行く前に懐には100万あったが2日前には60万程に減った。また、その間の打牌に関していえば良かった所が一つも無かった。まぁ、全ての戦いで勝ち越せるはずは無いのだが、それよりも力不足を痛感した。
| 宇野ちー | 高レート | comments(0) | trackbacks(0) | - |
高レート決戦
最近、ネット麻雀のサイバーリーチが停止状態になって2週間が過ぎた。
まさか飛んだのだろうか。前にも似たネット麻雀サイトの【愛ちゃんの麻雀】があったのだが飛びやがったので、やたら気になる怒り

昨日、高レート麻雀を打ちにいった。高レートといってもバブル期に流行った何百万てものではない。ルールは単純で4位がトップに20万、3位が2位に10万でご祝儀ナシの順位を競う麻雀だ。順位を競う上に一発、裏、赤ナシなんで、手役が重なってハネ満クラスを上がろうものならほぼ勝負が決まってしまう。

金はほぼ俺の全財産120万円を持参した。6連続ラスならオケラだよ。
ギャンブルでタネ銭を1晩で無くすような勝負は絶対にしてはいけない。何故俺が今回、こんな無謀な勝負をしたかというと、前回にこの高レート麻雀で勝ってしまった。勝ち逃げ等許されるはずもなく参加が決まった(こんなしがらみがフリーやセットでは辛い。)しかし、120万しか持っていない事を告げオケラになった時点で終了が告げられるので借金まではいくまい。どうせなら当面の生活費を稼がせてもらうのみよ。

メンツはI氏、K氏、O氏と俺。そしてもう2卓立っている。19時からの激闘開始だった。初戦、互いがペースを掴もうと鳴きの応酬で若干の点差でオーラスを迎えトップの俺とO氏がアガリトップの局面。5巡目の俺の手牌二萬四萬七萬八萬九萬二索三索四索五索六索七索八索三筒四筒4位がマンガンでトップの場況なんでツモられても2位は確保だが、打ち込みは避けたかった。ここでの俺の打牌は九萬通常なら二索を切るだろうが二筒五筒を引きリーチを掛けなければならないのを避けたかった。リーチ棒すら痛い状況だ。次巡六萬をチーして八索切り、すぐさま四萬を重ね五筒をツモ。
何とか初戦を勝ちきり20万円のプラス。2戦目は無理に勝負に行く手が揃わずに安心の2着、3戦目は東1局の出親で手なりのタンピン3色ツモで逃げ切りトップ。中盤以降も危なげなくまとめ朝5時まで休憩やメンツ入れ替えを挟み打ったが、プラス80万円で終了。特別大勝ちしなかったが、負けなかった事に満足した。また、次回呼ばれたときの為にこの金は貯金しておきます。
| 宇野ちー | 高レート | comments(0) | trackbacks(0) | - |